今村復興大臣が「東北で良かった」と再び失言して辞任

あの暴言大臣が、とうとう辞任に追い込まれたようです。

つい3週間前に、記者団に対して問題発言をしたばかりの今村復興大臣が、

地震が起きたのが「東北で良かった」などとまた失言しちゃいました。

さすがの今村復興大臣も辞任するしかなかったようですね。

なんか、復興に莫大な費用がかかるから、

首都圏じゃなくて東北地方で良かったと発言したとか。

今村復興大臣は、この間、被災者を切り捨てるような

失言したことをもう忘れてしまったんでしょうか。

前に失言したのが10も20年も前の話ではありません。

ほんの3週間ほど前に、問題発言したばかりではないですか。

こんなことあまり言いたくないけど、この人は本当にバカですよね。

今まで、真剣に東北の被災された方々の気持ちになって、

復興について考えてきたんでしょうか。

この間の失言後に、安倍首相と東北地方を訪れていましたが、

心の底から申し訳ないと思っていなかったと思われても仕方ないです。

ただただ安倍首相に仕方なしについて行っただけなんでしょう。

今回の2度目の失言で、そうとしか思えなくなりました。

今村復興大臣は、確か東京大学法学部出身ですよね。

私なんかとは比べ物にならないぐらい、

頭が良くて難しいこともたくさん知っているでしょう。

なのに、なぜ失言は繰り返されるんでしょうか。

まあ賢いからと言って失言しないということには結びつきませんが、

本当にこの人は学習能力がないですよね。

人の命の大切さに、人数の多い少ないなんて関係ありません。

一人であろうが、数百人数千人であろうが、

大切な命ということに変わりはないんです。

一人でも亡くなったり、被災して苦しんでいる方がいれば、

その人に対して、復興支援しなければなりません。

また、復興支援のための費用だってかかるのは当然のことで、

この間は、自主避難者の住宅支援を打ち切るよな発言がありましたが、

被災者の支援を打ち切るなんてもってのほかです。

でも、今回の件で復興大臣が新しい人に変わるから、

自主避難者の住宅支援についても見直されると思われます。

安倍首相もこんなダメ大臣を部下に持って大変でしたね。

正直言って、ただ大臣を辞めるだけでなく、

議員も辞職してほしいところです。

こんな方に、将来の日本を任せることはできません。

まあどうせ次の選挙では落選するでしょうけどね。