井上尚弥がニエベスを圧倒する6回TKO勝ちで6度目の防衛

日本ボクシング界のモンスターが、世界へ強烈なインパクトを残しました。

WBO世界スーパーフライ級王者に君臨する井上尚弥が、

同級7位のアントニオ・ニエベスを6回TKOで破り6度目の防衛成功。

アメリカデビュー戦で世界に強烈なインパクを残したことで、

本場アメリカのボクシングファンの心を鷲掴みにしたんじゃないでしょうか。

それだけ、今回のニエベスを6回TKO勝ちで圧倒したタイトルマッチは、

井上尚弥の強さがより際立った試合になっていたと思います。

しかし、本当に恐ろしいくらいに強いですね。

だって、ニエベスは、最初から最後まで何もできなかったですからね。

きっと、最初は勝てるだろうと思って自信満々で試合に臨み、

本気でベルトを持って帰るつもりだったんでしょう。

ただ、いざ試合が始まると防戦一方といった感じでした。

序盤は、井上尚弥が、相手の出方の様子を伺っていたので、

それほど、ニエベスが、押されているようには見えませんでした。

ところが、すぐに井上尚弥のペースになってボディを攻め続けると、

一転してニエベスは、ずっと逃げるしかなくなったんです。

おそらく、試合が開始して一発良いパンチをもらった時に、

あまりのパンチの威力にこれは勝てないと感じたんでしょう。

確かにあの井上尚弥の強烈なパンチでボディーを食らいまくったら、

戦意喪失してしまっても仕方がないかもしれません。

最後の方は、もう心が折れている目をしていましたかね。

そして、ボディを攻め続けて向かえた5回に、

ついに井上尚弥の強烈なボディが脇腹を捕らえ、

ニエベスは、思わず膝をついてダウンしちゃったんです。

何だか途中からは、容赦のないボディ狙いと、

あまりの力の差に少し相手が気の毒になりましたね。

とにかく、今回のニエベスに圧勝したアメリカデビュー戦で、

井上尚弥の強さを証明できたのは間違いないと思います。

来年以降に実現されるであろうビッグマッチは、

一体どんな相手と対戦することになるか楽しみですね。

個人的には、WBCスーパーフライ級王者である

シーサケット・ソー・ルンヴィサイとの統一戦を熱望します。

イチローが日米通算5863塁打数となり王貞治を抜く日本新記録

また一つ偉大な記録が天才の手によって生み出されました。

メジャーリーグのマーリンズで活躍するイチローが、

ナショナルズ戦で放ったヒットで日米通算5863塁打数となり、

あの王貞治を抜く日本新記録を打ち立てたんです。

イチローが成し遂げた日米通算5863塁打数ってものスゴイ数字ですよね。

数字だけ見ると王貞治も5862塁打数とほぼ同じですが、

王貞治の場合は、ホームランの数が868本と多く、

868×4=3472塁打とホームランでかなり稼いでいて有利です。

それに比べて、イチローの場合は、ホームランの数がわずか235本で、

235×4=940塁打とホームランではあまり塁打数は稼げてません。

イチローが、日米通算5863塁打数まで数字を伸ばせた理由は、

やっぱり単打、二塁打、三塁打の数が、

王貞治を大きく上回っていたところにあります。

中でも、単打に関しては、9月10日時点で2500本も打っていて、

王貞治の1471本を遥かに超えているのがわかります。

そう言えば、今回の通算塁打数だけでなく、

シーズン代打打席数がメジャー記録に並んだりもしましたし、

もうすぐ代打安打数の記録も更新しそうな勢いです。

ちなみに、塁打数メジャー記録は、ハンク・アーロンの6856塁打です。

正直言って、現状ぐらいしか試合に出場できる機会がなければ、

50歳までやったとしてもメジャー記録には届かないでしょう。

でも、イチローには、これからは記録などは気にせずに、

どこまで自分が納得のいく野球ができるか挑戦してもらいたいです。

これまで、もうかなりの記録を打ち立ててきたし、

これからも何かしらの新たな記録が生まれるかもしれません。

しかし、私としては、記録よりもイチローがプレーする姿を

勝手ながらいつまでも見続けていたいんです。

今後は、さらに代打での出場が多くなるかもしれませんが、

みんなが驚くようなイチローらしいプレーを見せてもらいたいですね。

菊池雄星が二段モーションの反則投球で問題になっている

最近、日本のプロ野球界で問題になっているのが、

西武ライオンズ・菊池雄星投手の二段モーションの反則投球です。

ここ数年は、疑わしい投球フォームのピッチャーがあまりいなかったため、

ほとんど問題になることがなかったようですね。

では、菊池雄星投手のどこが二段モーションの反則投球なのかと言うと、

最近の投球フォームの映像を確認してみたんですが、

右足を上げた時に一度足を下げてもう一度上げてしまっています。

これは、二段モーションと言われても仕方がないと思います。

ちなみに、開幕時の投球フォームの映像も確認してみました。

すると、開幕時は右足を上げた後の上下動が全くなく、

かなりスムーズな投球フォームになっていました。

開幕時の投球フォームなら二段モーションと疑われないでしょう。

菊池雄星投手は、どうしてわざわざ二段モーションの反則投球と

疑われてしまうような投球フォームに変えたんでしょうか。

彼ほどの投手ならそんな小細工をしないでも

十分に勝てることができるはずですからね。

実は、この件に関して他にも何人かの投手が煽りを受けています。

例えば、わかりやすいのが東京ヤクルトスワローズ・小川泰弘投手です。

メジャーの大投手・ノーラン・ライアン投手を参考にし、

足を大きく上げる投球フォームなんですが、

まあギリギリセーフといった感じでしょうか。

明らかに途中でもう一度足を上下動させている

菊池雄星投手とは全然違いますからね。

小川泰弘投手以外にも、千葉ロッテマリーンズ・涌井秀章投手、

福岡ソフトバンクホークス・千賀滉大投手、

東北楽天ゴールデンイーグルス・高梨雄平投手などが疑われています。

ただ菊池雄星投手のように投球フォームが二段モーションの

反則投球になっていると宣告されてはいません。

今後、菊池雄星投手は、開幕時の投球フォームに戻すみたいです。

戻したことで思うような投球ができなくなる可能性もありますが、

彼ならきっとこれまで通りの活躍を見せてくれるんじゃないでしょうか。

羽生結弦の五輪シーズン新プログラムは「SEIMEI」に決定

五輪連覇に向けて、いよいよ王者が本格的に始動したようです。

ソチ五輪金メダリストの羽生結弦が、五輪シーズンの新プログラムに、

2015~16年シーズンにも使用していた「SEIMEI」を

再度使用することが決定したと発表されましたね。

以前演じた「SEIMEI」をまた新プログラムとして演じるのかと

普通なら疑問に思う人もいるかもしれません。

羽生結弦ファンなら、全く新しプログラムを見てみたいことでしょう。

でも、今回の決断について個人的な意見を言わせてもらうと、

新プログラムに「SEIMEI」を選んだことは大正解だと思っています。

そもそも羽生結弦にとって「SEIMEI」というプログラムは、

歴代世界最高得点をマークした相性の良いプログラムです。

一番彼が演技しやすいプログラムとも言えるでしょう。

実は、この演技しやすいというのも重要なポイントです。

もう平昌五輪までそれほど時間がありません。

残り少ない限られた時間の中で全く新しいプログラムに

ゼロからチャレンジすることは、大きなリスクになってしまいます。

過去にも演じて慣れているというのは、

すぐにそのプログラムに溶け込みやすいので、

完成させるまでの時間を短縮させることができるのです。

曲自体をすでによく理解しているので、

新たに得点アップできる箇所はどこかといった

修正すべきポイントも見つけやすいと思います。

ちなみに、今回の羽生結弦が演じる新プログラム「SEIMEI」は、

2年前の時よりも難度の高い構成になっているようです。

おそらく、完璧に演じることができれば、

また歴代世界最高得点を叩き出せるはずです。

きっと、同じ「SEIMEI」を使った演技であっても、

演技構成は違いますし、演じ方も多少変化を加えてくるかもしれません。

2年前に演じた「SEIMEI」とは、別物と考えた方が良いでしょう。

なので、来年の平昌五輪では、パワーアップした羽生結弦が演じる

新たに進化した「SEIMEI」を見れるんじゃないでしょうか。

京口紘人が初の世界戦でデビューから国内最速となる王者奪取

まさかあの怪物の記録を更新するとは思いませんでしたね。

先日行われたIBF世界ミニマム級タイトルマッチで、

京口紘人が、初の世界戦で王者ホセ・アルグメドに判定勝ちし、

デビューから国内最速となる1年3ヶ月での王者奪取に成功しました。

これまでの最速記録は、井上尚弥が持っていた1年6ヶ月なので、

京口紘人は、怪物を超えたということになりますね。

また、8戦目での王者奪取となったので、

彼が尊敬する辰吉丈一郎の記録にも並んだことになります。

若い頃に通っていた大阪帝拳で辰吉丈一郎に指導を受けたこともあるので、

師匠に肩を並べたことは本人も嬉しいと思いますし、

辰吉丈一郎も教え子が自分の記録に並んで喜んでいるでしょう。

それにしても、今回のIBF世界ミニマム級タイトルマッチは、

ミニマム級とは思えないような打撃戦になりましたね。

だって、試合翌日の会見に訪れた京口紘人は、

頬が大きく腫れ上がっていたぐらいですから。

お互いがKOを狙っているかのようなパンチを何度も繰り出し、

序盤はホセ・アルグメドの強烈なパンチを食らっていました。

おそらく、ホセ・アルグメドは、メキシコのボクサーによく見られる

変則的なスタイルで前傾姿勢で突っ込んできたので、

パンチの出どころがわかりにくかったのかもしれません。

それでも、少しずつ自分のペースで試合を運べるようになり、

中盤から後半は京口紘人のボディーや左フックなどが決まりだしました。

ホセ・アルグメドも諦めずに最後まで打ち合ってきたので、

なかなかKOで仕留めることはできませんでしたが、

京口紘人も負けずに応戦して頑張ったのが王者奪取に繋がったと思います。

やっぱり中盤に打ち込んでいたボディーが効いていたようです。

相手のスタミナを徐々に削って足を止めることに成功しましたからね。

もう少しでKOというところまでいきましたが、

お楽しみは次の初防衛戦に取っておきましょう。

次の初防衛戦はいつ行われるかまだ決定していませんが、

今度は気持ちよくKOで初防衛してもらいたいですね。

将棋の竜王戦で藤井聡太四段が増田康宏四段に勝ち29連勝

14歳の天才中学生プロ棋士が、新たな金字塔を打ち立てましたね。

将棋の竜王戦決勝トーナメントで、最年少プロ棋士の藤井聡太四段が、

増田康宏四段を破って、新記録となる公式戦29連勝を達成しました。

負けた増田康宏四段も相当な実力の持ち主なのですが、

藤井聡太四段は、難なくデビューからの公式戦29連勝を成し遂げました。

どうして、彼はまだ14歳と若いのにこんなにも強いんでしょうか。

今回の対局も前回に引き続き改めて藤井聡太四段の強さを感じました。

彼の特徴として、以前から終盤に強いという評判だったんですが、

この1、2年の間で、序盤から中盤での力も身につけてきたように感じます。

なので、序盤から自分のペースに持ち込んで、

そのまま中盤、終盤も逃げ切れるようになってきたのです。

また、いつも大きなミスをしないのも負けない要因だと思います。

ミスをしても、小さいミスで留めておくことができるので、

勝っていても逆転されにくいし、負けていても逆転しやすいのです。

加えて、藤井聡太四段には、どんな展開になっても勝ち切る強さがあります。

例え少し形勢が不利であっても、食らいついて粘り逆転しています。

ミスはほとんどしないし、逆に、相手が少しでもミスをしたら

その少しのミスも逃さずに、一気に形勢逆転にしちゃいますから、

対戦相手としては、本当に嫌でしょうね。

隙がないとかいつのまにか逆転されていると

多くの対戦相手が言うのは、何となくわかる気がします。

この日の対局でも、一時は、増田康宏四段が少し優勢でしたが、

すぐに藤井聡太四段が反撃に出て形勢逆転しました。

あと、藤井聡太四段の指し手は、将棋ソフトとの一致率が高かったり、

不利になっても差を広げない悪手率が低いというデータもあります。

途中、勝負メシとして注文した五目チャーハンが品切れで、

急遽ワンタンメンに注文を変更するちょっとしたハプニングもありましたが、

そんなハプニングも物ともせず、見事に公式戦29連勝を達成しました。

おそらく、この大記録は今後当分は塗り替えられないと思います。

しかも、デビュー戦から続く連勝記録ですからね。

竜王戦の次戦は、30連勝をかけて佐々木勇気五段との対戦になりますが、

藤井聡太四段は、一体どこまで連勝記録を伸ばすか楽しみですね。

須藤凜々花がAKB選抜総選挙で結婚宣言お相手は元NMBファン

まさかの仰天発表だったけど、彼女はもう辞めるしかありませんね。

先日、沖縄で開催された「第9回AKB選抜総選挙」において、

20位にランクインしたNMB48に在籍する須藤凜々花が、

驚きの結婚宣言をして世間を騒がせるハプニングがありました。

しかも、お相手は元NMBのファンというからこれまた驚きです。

正直、私はそんなにAKBグループのことには詳しくないのですが、

さすがに、ここまで大きくテレビや新聞で取り上げられると、

知りたくなくてもどうしても耳に入ってきてしまいます。

須藤凜々花が、AKB選抜総選挙で結婚宣言したことで、

彼女のツイッターは、大炎上しちゃって大変なことになっています。

でもまあ暗黙のルールとは言え、一応恋愛は禁止とされているんだから、

須藤凜々花が、結婚宣言したことはルール違反と言うか、

ファンへの大きな裏切り行為でもありますよね。

中には、CDを何十枚、何百枚と購入して彼女に投票したファンもいるし、

これまでもずっと応援してきたからそりゃ怒るでしょう。

結婚することは、おめでたいことではありますが、

今回の事件に関しては、ファンは素直に祝福できないと思います。

もし、結婚したいのであれば、まずNMBを卒業するべきです。

もっと言えば、その元NMBファンと噂されるお相手とお付き合いする前に、

NMBを卒業するべきだったんじゃないでしょうか。

好きな相手ができた→NMB卒業→その相手とお付き合いする→結婚する

この流れだったら、ファンの方は祝福してくれたと思います。

一人の女性として、心の底から好きな男性ができることは、

別に悪いことではないし、むしろ素晴らしいことです。

しかし、今回の須藤凜々花の結婚宣言という仰天発言は、

明らかにファンの気持ちを無視した行動なので、

祝福できない、裏切りだと批判されても仕方がありません。

それにしても、なんでAKB選抜総選挙に出たんでしょう。

こういう事態になることは、本人もわかっていたはずです。

今後、須藤凜々花の進退はどうなるんでしょうか。

NMBを卒業することは避けられそうにありませんが、

彼女自身は、今後も芸能活動を続ける意思があるそうです。

噂では「人妻48」結成なんてプランもあるとか。

でも、もし「人妻48」というグループができたとしても、

恋愛禁止というルールを破ってしまった彼女が入ることは、

裏切られたファンが許さないでしょうね。

果たして、彼女はどんな決断を下すのか。

もうファンを裏切ることだけはしてほしくないものです。

ちなみに地方でインターネットが自由に使える便利なWiFiレンタルというサービスを発見!

今まで容量の制限を気にしていたのが嘘みたいに自由に使えます。

もちろん動画もOKだよ!

今村復興大臣が「東北で良かった」と再び失言して辞任

あの暴言大臣が、とうとう辞任に追い込まれたようです。

つい3週間前に、記者団に対して問題発言をしたばかりの今村復興大臣が、

地震が起きたのが「東北で良かった」などとまた失言しちゃいました。

さすがの今村復興大臣も辞任するしかなかったようですね。

なんか、復興に莫大な費用がかかるから、

首都圏じゃなくて東北地方で良かったと発言したとか。

今村復興大臣は、この間、被災者を切り捨てるような

失言したことをもう忘れてしまったんでしょうか。

前に失言したのが10も20年も前の話ではありません。

ほんの3週間ほど前に、問題発言したばかりではないですか。

こんなことあまり言いたくないけど、この人は本当にバカですよね。

今まで、真剣に東北の被災された方々の気持ちになって、

復興について考えてきたんでしょうか。

この間の失言後に、安倍首相と東北地方を訪れていましたが、

心の底から申し訳ないと思っていなかったと思われても仕方ないです。

ただただ安倍首相に仕方なしについて行っただけなんでしょう。

今回の2度目の失言で、そうとしか思えなくなりました。

今村復興大臣は、確か東京大学法学部出身ですよね。

私なんかとは比べ物にならないぐらい、

頭が良くて難しいこともたくさん知っているでしょう。

なのに、なぜ失言は繰り返されるんでしょうか。

まあ賢いからと言って失言しないということには結びつきませんが、

本当にこの人は学習能力がないですよね。

人の命の大切さに、人数の多い少ないなんて関係ありません。

一人であろうが、数百人数千人であろうが、

大切な命ということに変わりはないんです。

一人でも亡くなったり、被災して苦しんでいる方がいれば、

その人に対して、復興支援しなければなりません。

また、復興支援のための費用だってかかるのは当然のことで、

この間は、自主避難者の住宅支援を打ち切るよな発言がありましたが、

被災者の支援を打ち切るなんてもってのほかです。

でも、今回の件で復興大臣が新しい人に変わるから、

自主避難者の住宅支援についても見直されると思われます。

安倍首相もこんなダメ大臣を部下に持って大変でしたね。

正直言って、ただ大臣を辞めるだけでなく、

議員も辞職してほしいところです。

こんな方に、将来の日本を任せることはできません。

まあどうせ次の選挙では落選するでしょうけどね。

アルバイトをしながら大学受験するのは大変だ!

アルバイトをしながら志望校に合格するために受験勉強は大変だ。私のような悩みのある方も多いのではないでしょうか。

私は、アルバイトをしながら受験勉強をしているので、一日に勉強する時間には限りがあります。

その限られた時間の中で高い集中力を維持して勉強しなくてはなりません。

ですが、正直アルバイトの疲れがたまってしまい、頭が働かない事もただあります。

机に座り受験勉強をしようと思っても、集中できないのです。

そこで、私は仮眠をとることにしました。確かに起きるは辛いですが、仮眠をとって勉強すると頭がスッキリします。

あのまま疲れているのに起きていても、勉強ははかどりません。ならば仮眠を取て勉強した方が断然効率がいいです。

ですが、また、疑問が出てきました。どうしても今年は志望校に合格したいのですが今の勉強で良いのか・・・?不安になります。

自分の志望校に合格するには勉強量は絶対不可欠だと思っていたのですが、インターネットを見ていたら、

「勉強すれば成績が伸びる」のではなく、「正しい勉強法、効率の良い勉強法で勉強すれば成績が伸びるのです。」どいう大学受験勉強法を見つけてしまいました。

どうやって勉強したらいいのかわからない今の自分には心に響く言葉なのです。

その大学受験勉強方法は教材とCDさらにマニュアルを使って合格した医学部生や東大卒業生がサポートしているようで、実際に経験した人がサポートしてくれるのは魅力的ですよね。今購入しようか悩み中です。

私と同じようにアルバイトをして受験勉強している人もいるかと思いますが、皆さん頑張って乗り越えましょうね。

牡蠣サプリを始めたら体調が良くなった!

近頃、体調が良くない日が多くて不安を感じています。

病院へ行っても、特に悪いところもなく老化現象じゃないか?ということでした。

注意事項として、食事の栄養バランスと運動不足にならないようにして

質の良い睡眠をしっかりとるように言われました。

たった、これだけで良くなる人もいるそうです。

そこで、食事の内容を日記に残すようすると、本当に栄養が偏っているのが分かりました。

野菜中心の食事なので、肥満の心配はないのですが、アミノ酸やミネラルが少ないようです。

そこで、アミノ酸やミネラルを多く含む食べ物を調べてみるとスッポンや牡蠣に

多く含まれているいることが分かりました。

しかし、スッポンや牡蠣を毎日食べるのは難しいため、サプリで補うことにしたのです。

いろいろ迷った末に、亜鉛や鉄分を多く含んだ牡蠣にしました。

私が選んだサプリは、亜鉛サプリで人気ナンバーワンの海乳EXです。

日本人の3人に1人が亜鉛不足と言われています。

1日に最低摂取したい亜鉛は10mgらしいのですが、海乳EXなら必要な量が摂れるからです。

飲み始めて3ヶ月になりますが、少しずつ体調も良くなっています。

みなさんも試してみてはいかがでしょうか?