稀勢の里が伝達式での口上で緊張のあまり噛むハプニング!

横綱昇進が決まった稀勢の里が、田子ノ浦親方とおかみさんと一緒に

都内の帝国ホテルで行われる横綱昇進の伝達式に臨みました。

それにしても、稀勢の里は凄く緊張していましたね。

伝達式の使者である春日野理事と高田川審判委員の2人が来るまで、

間違わないように何度も口上の練習をしていたようです。

元々、緊張しやすいタイプだけに何かやらかさないか心配でしたが、

やっぱり心配した通りにやっちゃいましたね。

実際に、稀勢の里が伝達式で言った口上がこちらで、

「謹んでお受けいたします。横綱の名に恥じぬよう精進いたします。」

といった至ってシンプルなものでした。

近年の伝達式では、四字熟語を入れるケースが多かったのですが、

稀勢の里の伝達式での口上には、四字熟語を入れなかったようです。

人によっては、なんだかつまらないと思うかもしれないけど、

変に凝った四字熟語を使う必要なんてないんです。

昔は、四字熟語なんて使っていませんでしたからね。

相撲でしっかり結果を残すことの方が大事ですし、

逆にわかりやすくて良かったんじゃないでしょうか。

ただ、心配していた通り噛んじゃいましたね。

こんなシンプルな口上で噛むとは思いませんでした。

私が心配していた以上に、緊張していたんだと思います。

噛むような難しいことは何も言っていないのにね。

しかも、誰もが間違わないような横綱という言葉で噛むとは・・・

まあ、稀勢の里らしいと言えばらしいんですけどね。

伝達式が終わってもしばらくは顔が緊張した面持ちでしたが、

その後の記念撮影で手に鯛を持った時には、

ようやく緊張がほぐれて笑顔になっていました。

伝達式でこれだけ緊張するんだから来場所がとても心配です。

横綱昇進後の最初の取り組みで花道から登場する時、

緊張のあまり手と足が一緒になって出てこないか心配でなりません。

稀勢の里のことだからなんだかやりかねないよね。

以前のように、緊張で力が入りすぎて体が動かなくなり、

格下にコロッと負けてしまうなんてことがないように頼みますよ。

箱根駅伝3連覇と大学駅伝3冠を達成!常勝青学時代が到来か!

他を圧倒する強さで、常勝軍団にまた一つ大きな勲章が加わりました。

2017年の1月2日、3日の2日間に渡って行われた第93回箱根駅伝。

前評判では、青山学院大学が優勝候補筆頭でしたが、

予想以上の圧倒的強さで、往路・復路共に青学が制覇して総合優勝。

これで、15年、16年に続いて箱根駅伝3連覇。

この記録だけど、確か過去に何校か達成していたのを思い出して調べると、

大会史上わずか5校しかおらず、今回の青学が6校目。

さらに、箱根に加えて出雲駅伝と全日本大学駅伝も制覇しており、

史上4校目となる大学駅伝3冠も達成しちゃいました。

これらの記録は、どちらか片方だけでも達成が難しい記録なんだけど、

青学は両方一緒に達成し、これは、史上初の快挙。

ただ本当に強いのか真価が問われるのは、来年の箱根駅伝だと思います。

今年走ったエース一色は4年生だから、春に卒業して来年はいません。

一色は東京オリンピックでマラソン代表を狙えるだけの逸材で、

彼一人いなくなるだけでも戦力ダウンは避けられません。

しかも、今回3区で区間賞の秋山、9区池田、10区安藤といった、

箱根駅伝3連覇と大学駅伝3冠の立役者となった4年生も抜けます。

なので、これらの4年生が抜けた穴を埋めるべく、

来年は今いる1~3年生のレベルアップが求められるのです。

おそらく、新入生も何人か入部してくるとは思いますが、

余程の怪物でなければ、いきなり1年生に期待するのは酷でしょう。

では、来年の青学の箱根制覇は難しいのか?

いや、私は来年も青学が箱根の優勝候補筆頭だと考えています。

と言うのも、確かに一色をはじめとする4年生は卒業しますが、

1~3年生にも学生トップレベルの力を持った選手がいるからです。

3年生で今回の復路8区を任され、区間記録に迫る記録で

区間賞を取った下田は、マラソン10代日本最高記録保持者。

そして、9区を走った3年生の池田も関東インカレ

ハーフマラソンで2回優勝している実力者。

彼らに加えて、同じ3年生の中村、1年生の鈴木など、

4年生が抜けた穴を十分に補えるだけの選手が他にもいます。

多少の戦力ダウンはあるかもしれませんが、

今年の2位との7分以上もの大差での圧勝を考えれば、

まだまだ青学が頭一つ抜けた存在と言えると思います。

もし、今年1年間強さを維持することができれば、

箱根駅伝4連覇、2年連続大学駅伝3冠達成

といった大偉業も不可能ではありません。

このまま他校の大きなレベルアップがない限り、

常勝青学時代が到来するかもしれませんね。

福永祐一騎手が落馬で骨折、有馬記念も無理かも・・・

競馬の騎手って本当に大変なお仕事ですよね。

今日、阪神競馬場で行われた5レースの新馬戦に騎乗していた

福永祐一騎手が、落馬して骨折してしまったそうです。

このレースに出走したベルクロノスという2歳馬に騎乗していた福永騎手は、

3コーナー辺りまでは何事もなく騎乗していました。

ところが、4コーナーに差しかかった時に、ベルクロノスが故障を発生。

馬が転倒した時に、福永騎手も馬場に投げ出される格好となりました。

一瞬大丈夫かと心配になりましたが、どうやら意識はあったようで、

その後、競馬場内にある診療所で精密検査を受けたみたいです。

診断結果は、右鎖骨の骨折。

大きな怪我にならなくて良かったなぁと思いましたが、

馬のベルクロノスの方は、残念ながら予後不良になりました。

牧場の関係者や調教師が、ここまで大事に育ててきて、

やっとの思いで出走にこぎつけたデビュー戦での怪我は本当に残念です。

それにしても、福永騎手って怪我が多いですよね。

昨年も落馬で右肩鎖関節脱臼という全治5ヶ月の怪我を負っていますし、

デビュー3年目には、落馬した際に馬に蹴られて左腎臓が損傷して

摘出する大怪我を負ったこともありますからね。

騎手の身体って結構丈夫そうに見えるけど、骨はそうでもないみたい。

昔、ダウンタウンの浜ちゃんが司会を務めるジャンクスポーツという

番組で武豊騎手の弟である武幸四郎騎手が骨年齢を測っていました。

驚いたことに、骨年齢は90歳以上で測定不能と出たんです。

えっ! そんなに骨が弱いんだ! とビックリしたのを覚えています。

おそらく、競馬学校に通っていた時に課せられる体重管理で、

体重維持のために食事制限をしていたのが原因かと思われます。

骨が成長する時期に、しっかりと栄養を摂れてないのだから、

そりゃ骨も弱くなりますよね。

まあ、騎手になるためには、誰もが避けては通れない試練ですが、

騎手になるのって、本当に大変なんだなとつくづく思います。

今回の福永騎手の骨折がどの程度の怪我かはわかりませんが、

香港スプリントに出走するビッグアーサーだけでなく、

有馬記念に出走するシュヴァルグランの騎乗も無理かもしれませんね。

大きなレースに騎乗できないのは本人も悔しいとは思いますが、

来年に向けて、無理をせずにゆっくりと治してほしいですね。

「神ってる」が流行語大賞に選ばれる!

今年の流行語大賞には、一体何が年間大賞に選らばれるのか。

PPAPか、ポケモンGOか、それともまさかのゲス不倫なのか?

年間大賞が選ばれる前に、まず「トップ10」が選ばれました。

トップ10に選ばれたのは、ゲス不倫、聖地巡礼、トランプ現象、

PPAP、保育園落ちた日本死ね、(僕の)アモーレ、ポケモンGO、

マイナス金利、盛り土、という10語。

そして、選考委員特別賞には、復興城主が選ばれましたね。

年間大賞やトップ10に選ばれると表彰式に来る必要があることを考えれば、

ゲス不倫はノミネート止まりなんじゃないかと思っていました。

だけど、やっぱりあれだけ今年世間を騒がせたことを考慮してか、

年間大賞とまではいかなくても、トップ10の中には入って来ましたね。

そして、2016年のユーキャン新語・流行語大賞の年間大賞には、

去年に続きプロ野球界から「神ってる」が選ばれました!

まあ、今年は「神ってる」で仕方ないかもしれませんね。

特に、何か異論があるわけでもありませんし。

だって、今年のプロ野球を賑わせた広島東洋カープの勢いは、

近年にないくらいの凄まじい快進撃でしたからね。

大きな社会現象にもなりましたし。

そんな広島東洋カープの25年ぶりの優勝の原動力となったのが、

“神ってる男”鈴木誠也選手だったんじゃないでしょうか。

「神ってる」という言葉が生まれたのは今年のセ・パ交流戦。

鈴木誠也選手が、2試合連続サヨナラホームランを打った活躍ぶりに、

指揮官の緒方孝市監督が、思わず発した言葉が「神ってる」でした。

この鈴木誠也選手の代名詞となった「神ってる」は、

今年の広島東洋カープの快進撃を象徴する言葉だと言えるでしょう。

表彰式に出席した鈴木誠也選手は終始恐縮しきりでしたが、

「自分が言った言葉ではないけど、本当に嬉しい。

優勝した年に選ばれたので一生忘れません」と受賞を喜んでいました。

去年は「トリプルスリー」という言葉が年間大賞に選ばれたから、

プロ野球界から2年連続の受賞ということになりますね。

今年の流行語大賞に選ばれた勢いに乗って、

来年もさらなる飛躍でプロ野球界を盛り上げてくれでしょう。

来年も“神ってる男”鈴木誠也選手の活躍に注目です!