錦織圭がリオ・オープン初戦で格下相手にストレートで敗れる

先週のアルゼンチン・オープンで準優勝だった錦織圭選手が、

次の週に行われたリオ・オープンで格下相手に敗れる波乱がありましたね。

しかも、ストレート負けですから、一体どうしたんでしょうか。

そもそも、アルゼンチン・オープンも周りは全員格下だったので、

絶対に優勝しなければならなかったと思います。

だって、決勝の相手だったアレクサンドル・ドルゴポロフ選手は、

世界ランキング66位の選手ですからね。

そして、迎えた今週のリオ・オープンは、まさかの初戦敗退。

こちらも格下と言える世界ランキング76位のトマス・ベルッチ選手。

地元の選手でアウェーとは言え、簡単に負けるような相手ではありません。

おそらく、調子はかなり悪かったんじゃないでしょうか。

動きが鈍く感じましたし、打球も伸びないというか、

あまり勢いがなかったように見えました。

それにしても、錦織圭はなかなか思うように勝てませんね。

いつもあと一歩のところで負けてしまうことが多いのが気になります。

以前よりは、かなりレベルアップしているのは明らかですが、

なかなか上位の選手に続けて勝つことができません。

また、上位の選手に負けるのならばまだわかりますが、

今週のリオ・オープンのように格下にコロッと負けることも

ちょくちょくありますからね。

なぜ、今ひとつ勝てないのか、ちょっと考えてみました。

軽いフットワークやスタミナが豊富な錦織圭選手は、

グラウンドストロークを主体に試合を進めるプレイスタイルです。

本来なら、球足が遅く、ラリーが長くなりやすい

クレーコートには向いているはずなんです。

ところが、錦織圭選手は、ハードコートの方が成績が良いのです。

そもそもジュニアの頃は、クレーコートが得意だったんです。

ただ成長していく中で少しずつプレイスタイルが変化していき、

今のグラウンドストロークを駆使したプレイスタイルになりました。

でもね、これでは、錦織圭選手の四大大会制覇は遠いかと思います。

なぜかと言うと、ハードコートは球足が速くなるため、

速くて強烈なサーブを武器とする選手に有利に働くからです。

上位には、身長が高くて強烈なサーブを得意とする選手がたくさんいます。

錦織圭選手は、身長がそれほど高くなく、平均程度のサーブしか打てません。

なので、勝つためには、彼の武器であるフットワークや

スタミナ面の強化をさらに磨き上げることしかないと思います。

毎年、2月頃に出場する大会は、ハードコート中心でしたが、

今年は、クレーコートの大会を選択しました。

おそらく、クレーコートで行われる全仏オープンに

狙いを定めているんではないでしょうか。

私の予想では、フットワークやスタミナが物を言うクレーコートの

全仏オープンこそ、四大大会の中で最も優勝に近い大会だと思います。

ハードコートに比べて、下が滑りやすくて踏ん張りが利きませんが、

球足が遅くなるので、速いサーブにも対応できる可能性が高いはず。

クレーコートでは、2大会続けて敗れはしましたが、

5月22日~6月11日に行われる全仏オープンでは、

錦織圭選手が、どんなプレイを見せてくれるか今から楽しみです。

乳がん検診を受けるなら年に2回がおすすめ

女性専用のの人間ドックを始めて受診しました。

レディースドックといって一般的な人間ドックに加えて乳がん検診や子宮がん検診が

セットになっているもので、検査費用も5万近くするので驚きました。

なぜ高額なレディースドックを受診したかというと、田舎の母からの勧めでした。

親戚の知り合いが、乳がんで亡くなったらしいのです。

そこで、お金を出してくれるので、すぐにでも受けろと言われました。

そして、どうせ受けるなら全身を徹底的に調べる方がいいよとなったのです。

さいわいにも今回の検診で異常は見つかりませんでしたが、母が言うには

乳がんや子宮がんは、早期発見が大事なので、年2回は受けなさいと言います。

そんなお金ないよ!

すると乳がんだけなら、5000円もあれば受けられるでしょ!と怒られました。

母もネットで詳しく調べたみたいで、メールでホームページを送ってきました。

乳がんの病院を専門に紹介しているサイト乳がん検診おすすめ病院ナビです。

母親になれば私の気持ちがわかるわよ!と言われて納得しました。

大谷翔平がWBCの出場を辞退で代役はソフトバンクの武田翔太に決定

打者だけでもと思っていたけど、やっぱり無理みたいですね。

日本ハムの大谷翔平選手のWBCの出場辞退が正式に決定したそうです。

投手での出場は無理でも、打者としての出場の可能性は

わずかに残っていただけに、本当に残念でなりません。

右足首痛と言われているけど、相当状態が悪いんでしょうね。

確か昨年の11月に行われた侍ジャパンの

強化試合で走塁した時に痛めてしまったとか。

調子の良し悪しは別として、普通にプレイするためには、

思いっきり走れるようにならないと厳しいと思います。

今は走れる状態ではないみたいだから、

どれだけ右足首の状態が悪いかがわかりますよね。

大谷翔平選手本人も、本番までに何とかして治そうと

努力していたようだから、かなり悔しいと思います。

WBCの出場辞退は、本人もファンもとても残念だと思うけど、

もっと重要な今シーズンの開幕が待っていますからね。

おそらく、今からリハビリを頑張ったとしても、

今シーズンの開幕には間に合わないんじゃないでしょうか。

日本ハムの球団サイドも、大谷翔平選手がWBCに無理に出場して、

さらに怪我が悪化することの方が心配で止めたんだと思います。

もし、出場するか辞退するかの判断を本人に任せていたら、

彼のことだから無理してでも出場していたでしょうからね。

球団の判断は、これからの大谷翔平選手のことを考えたら、

正しかったと言えるんじゃないでしょうか。

やっぱり二刀流による体への負担は大きいんだろうか。

ずば抜けた身体能力と強いフィジカルを持った

大谷翔平選手だからやってこれたんであって、

並の選手だったらもっと早く壊れているでしょうね。

来年メジャーに移籍するんじゃなかという噂もあるし、

今は右足首痛の怪我を治すことに専念すべきだと思います。

さて、大谷翔平選手がWBCの出場辞退となると、

代役の選手を早急に選ぶ必要があるわけですが、

早速、代役となる選手の発表がありました。

その代役となる選手は、ソフトバンクの武田翔太選手です。

大谷翔平選手が抜けることで投手の人数が12人に減りますが、

WBCのルールでは、投手は13人以上の登録が必要なので、

投手の武田翔太選手が選ばれたみたいですね。

武田翔太選手は、小久保ジャパンで国際試合の経験があるし、

昨年のメキシコとの強化試合でも好投しています。

WBCの公式球を使っての練習も自主トレで行っていたようだから、

武田翔太選手なら問題ないんじゃないでしょうか。