沖縄県の空き家を購入したけど管理が大変

憧れの沖縄移住を計画して10年が過ぎようとしていました。このままじゃ一生移住なんてできる訳がないとイライラしていたのです。

ところが先日の飲み会で沖縄出身の方がいて、相続した家を放置したまま上京してきたというのです。

もう興味深々で沖縄のどこにあるのか?広さや間取りはどうなっているのか?など深夜まで一緒に飲み明かしたのです。

そして彼が所有している物件の全容が見えてきました。

土地の面積は約80坪、平屋縦の古い家で赤い屋根瓦で出来ているのです。

家の大きさは25坪程度で、そんな大きな家ではなく、庭では野菜を作れるスペースもあるようです。

ところで、その家を売る気はないの?

すると売れないんですよ~と言うのです。

沖縄といっても本島では人気の街と、まったく人気のない地域がハッキリしているそうです。

那覇や浦添、宜野湾や北谷は、沖縄の中でも都会に位置しているので人気の英リアですが、

南部といわれるエリアや名護より北部のエリアは、人気もなく誰も住みたくないと言います。

彼も実家があるのに家族で東京へ引っ越したのは、そんな田舎に住むのは嫌だからという理由なのです。

そして、もし買ってくれるのなら格安で売ると言ってくれたのです。

そんな事がキッカケとなり、何度も物件を見に行った結果、わずか350万で売ってもらうことになりました。

憧れの沖縄に、とりあえず家を買ったのですが仕事の関係もあり、いまだに東京暮らしが続いています。

現在は、年に3回から4回ほど、沖縄の別荘に遊びにゆく生活をしています。

しかし家に住んでいないと老朽化が進むために管理を業者に依頼しています。

私が使っているのは、沖縄県の空き家管理代行サービスです。

毎月2万ほどかかりますが、家の管理をすて代行していただいています。

あとは少しでも早く移住できるように頑張りたいと思います。

井上尚弥がニエベスを圧倒する6回TKO勝ちで6度目の防衛

日本ボクシング界のモンスターが、世界へ強烈なインパクトを残しました。

WBO世界スーパーフライ級王者に君臨する井上尚弥が、

同級7位のアントニオ・ニエベスを6回TKOで破り6度目の防衛成功。

アメリカデビュー戦で世界に強烈なインパクを残したことで、

本場アメリカのボクシングファンの心を鷲掴みにしたんじゃないでしょうか。

それだけ、今回のニエベスを6回TKO勝ちで圧倒したタイトルマッチは、

井上尚弥の強さがより際立った試合になっていたと思います。

しかし、本当に恐ろしいくらいに強いですね。

だって、ニエベスは、最初から最後まで何もできなかったですからね。

きっと、最初は勝てるだろうと思って自信満々で試合に臨み、

本気でベルトを持って帰るつもりだったんでしょう。

ただ、いざ試合が始まると防戦一方といった感じでした。

序盤は、井上尚弥が、相手の出方の様子を伺っていたので、

それほど、ニエベスが、押されているようには見えませんでした。

ところが、すぐに井上尚弥のペースになってボディを攻め続けると、

一転してニエベスは、ずっと逃げるしかなくなったんです。

おそらく、試合が開始して一発良いパンチをもらった時に、

あまりのパンチの威力にこれは勝てないと感じたんでしょう。

確かにあの井上尚弥の強烈なパンチでボディーを食らいまくったら、

戦意喪失してしまっても仕方がないかもしれません。

最後の方は、もう心が折れている目をしていましたかね。

そして、ボディを攻め続けて向かえた5回に、

ついに井上尚弥の強烈なボディが脇腹を捕らえ、

ニエベスは、思わず膝をついてダウンしちゃったんです。

何だか途中からは、容赦のないボディ狙いと、

あまりの力の差に少し相手が気の毒になりましたね。

とにかく、今回のニエベスに圧勝したアメリカデビュー戦で、

井上尚弥の強さを証明できたのは間違いないと思います。

来年以降に実現されるであろうビッグマッチは、

一体どんな相手と対戦することになるか楽しみですね。

個人的には、WBCスーパーフライ級王者である

シーサケット・ソー・ルンヴィサイとの統一戦を熱望します。

イチローが日米通算5863塁打数となり王貞治を抜く日本新記録

また一つ偉大な記録が天才の手によって生み出されました。

メジャーリーグのマーリンズで活躍するイチローが、

ナショナルズ戦で放ったヒットで日米通算5863塁打数となり、

あの王貞治を抜く日本新記録を打ち立てたんです。

イチローが成し遂げた日米通算5863塁打数ってものスゴイ数字ですよね。

数字だけ見ると王貞治も5862塁打数とほぼ同じですが、

王貞治の場合は、ホームランの数が868本と多く、

868×4=3472塁打とホームランでかなり稼いでいて有利です。

それに比べて、イチローの場合は、ホームランの数がわずか235本で、

235×4=940塁打とホームランではあまり塁打数は稼げてません。

イチローが、日米通算5863塁打数まで数字を伸ばせた理由は、

やっぱり単打、二塁打、三塁打の数が、

王貞治を大きく上回っていたところにあります。

中でも、単打に関しては、9月10日時点で2500本も打っていて、

王貞治の1471本を遥かに超えているのがわかります。

そう言えば、今回の通算塁打数だけでなく、

シーズン代打打席数がメジャー記録に並んだりもしましたし、

もうすぐ代打安打数の記録も更新しそうな勢いです。

ちなみに、塁打数メジャー記録は、ハンク・アーロンの6856塁打です。

正直言って、現状ぐらいしか試合に出場できる機会がなければ、

50歳までやったとしてもメジャー記録には届かないでしょう。

でも、イチローには、これからは記録などは気にせずに、

どこまで自分が納得のいく野球ができるか挑戦してもらいたいです。

これまで、もうかなりの記録を打ち立ててきたし、

これからも何かしらの新たな記録が生まれるかもしれません。

しかし、私としては、記録よりもイチローがプレーする姿を

勝手ながらいつまでも見続けていたいんです。

今後は、さらに代打での出場が多くなるかもしれませんが、

みんなが驚くようなイチローらしいプレーを見せてもらいたいですね。