柳田悠岐が右脇腹負傷で全治3週間 CSに間に合うのか?

日本シリーズ進出に向けて、ソフトバンクに暗雲が立ち込めています。

ソフトバンクに所属する柳田悠岐が、試合中の右脇腹負傷で離脱し、

全治3週間という診断結果が出だことに、ファンの間で衝撃が走っています。

詳しい診断結果は、右腹斜筋と肋間筋、そして、肋軟骨の3箇所の損傷。

すでに優勝を決めているソフトバンクではありますが、

柳田悠岐の右脇腹負傷での全治3週間の離脱は大きな痛手です。

彼がいるといないとでは、攻撃力に大きな差が出てしまいますからね。

もしも、このまま怪我の具合が良くならなければ、

2位の西武、3位の楽天の下克上が起こるかもしれません。

でも、まさか打席に入ってバットを振っただけで、

柳田悠岐が右脇腹を負傷してしまうとは思いませんでしたね。

見た感じではそんなに脇腹を痛めてしまうような

変なスイングはしていなかったと思います。

それにしても、柳田悠岐の右脇腹負傷は本当に残念です。

だって、今年は三冠王の可能性もありましたからね。

打率.310、本塁打31、打点99といずれもキング争いをしていたので、

正直なところ、三冠王には結構期待していたんですよね。

来年こそは、三冠王の獲得を目標に頑張ってもらいたいですが、

とにかく、クライマックスシリーズの出場を目指して、

まずは怪我を治すことに専念することが大事です。

幸いクライマックスシリーズは、まずファーストステージが行われるため、

ソフトバンクが登場するファイナルステージまでは少し時間があります。

この短期間の間で、柳田悠岐は右脇腹負傷を治す必要がありますが、

彼なら驚異的な回復力で間に合うんじゃないかと予想しています。

ソフトバンクは、左親指剥離骨折から内川聖一が復帰したので、

柳田悠岐も戻ってくれば、さらに打線に厚みが増します。

クライマックスシリーズを面白い試合にするためにも、

何とかファイナルステージまでに間に合ってもらいたいものです。