吉田沙保里さんも実践しているけん玉で集中力アップ!

林修の初耳学で紹介されていた、吉田沙保里さんも実践している、けん玉で集中力アップの方法を紹介します。

スポーツや勉強の良い結果を出すために大切なのが集中力です。その集中力を高めるために行ったいるのが「けん玉」なんだそです。

そのけん玉の技で「もしかめ」とい技があり、童謡の”うさぎとかめ”を歌いながらリズムに合わせて大皿と中皿に玉を交互にのせる技なんですが、それを行うと集中力をUPさせるのに最適だと科学的に証明されているそうです。

その理由を、諏訪東京理科大学脳神経科学・応用健康科学 篠原菊紀教授が解説。

教授の話によると、脳の司令塔と言われている前頭前野の活動が極端に抑えられるそうです。この現象は脳が一つの事に集中しているときに起るそうです。

つまり、けん玉をして前頭前野の活動を抑える感覚を覚えさせる事で、他のことをしていても集中状態に切り替えやすくなるのだそうです。

但し、けん玉は難しい技をやろうとすると、逆に脳が活発化してしまい集中できないそうです。

簡単な基本的な同じ技をいつも繰り返し練習して、一定のリズムで行えるようになれば、前頭前野の活動が抑えられ、余計なことを考えなくなりいつでも脳が集中できるようになるそうです。

近年、けん玉は人気があります。お子さんがいる方は、試してみてはいかがでしょうか。

もちろん、自分自身が試してみるのもいいかもしれません。

WBC開幕戦で侍ジャパンがキューバに圧勝!熱男こと松田が大活躍!

王座奪回に向けて侍ジャパンが、最高のスタートを切りました!

ついに始まったWBC開幕戦で日本代表ががキューバ代表に11-6で圧勝!

何だか強化試合の不調がウソのような解消でしたね。

今回の侍ジャパンは、不安だらけの状態でWBC本番を迎えたけど、

どうして、ここまで調子を取り戻したのかは不思議でなりません。

強化試合では、投手は打たれまくるは、打線は湿りがちだわで、

観ていると段々イライラしてくる試合ばかりでした。

正直言って、今回は下手すれば1次ラウンドも危ないと思っていただけに、

キューバ代表相手に日本代表の打線が機能したのには驚きでした。

打つべく人が打ってくれたという感じですかね。

今回のWBC侍ジャパンのリーダー役を務めている

青木のチーム初ヒットをきっかけに打線が爆発!

山田の二塁打(幻のホームランになちゃいましたが・・・)、

眠っていた大砲筒香のホームランなど面白いように撃ちまくりました。

中でも、熱男こと松田のバットが火を吹きましたね!

4安打4打点1本塁打の大当たり!

ホームランを打ってベンチに帰ってきた時に披露する、

お馴染みの“熱男っ!”と叫ぶパフォーマンスも出て、

ベンチだけでなく、球場全体を盛り上げてくれました。

もちろん、先発ピッチャーの石川も素晴らしいピッチングでした。

最初は、ストライクゾーンの違いに少し戸惑っていたみたいだけど、

徐々に彼らしい低めへの制球が決まっていたと思います。

このピッチングなら、2次ラウンドに進出しても

十分に活躍してくれるんじゃないでしょうか。

しかし、これらの打線や投手の活躍のきっかけとなったのは、

1回のセカンド菊池の軽快な守備にあると思っています。

一見すると、あまり大したプレイには見えないかもしれませんが、

あの打球を処理するのは、そう簡単なことではありません。

結構良い当たりだったし、逆シングルでの捕球だったので、

菊池ならではのプレイだったように見えます。

もし、山田がセカンドで出場していたら・・・

おそらく、ボールを弾いていたに違いありません。

そして、捕球後のセカンドへの送球も素早かったですね。

余裕でダブルプレイを獲れたでしょう。

この菊池のプレイによって、先発ピッチャーの石川も助かったし、

沈みかけていたチーム全体もいけると感じたはず。

結果、WBC開幕戦は、14安打11得点で得点差以上に、

キューバ相手に圧勝した試合内容になりました。

これで、今後のWBCでの侍ジャパンの活躍が楽しみになりましたね。

錦織圭がリオ・オープン初戦で格下相手にストレートで敗れる

先週のアルゼンチン・オープンで準優勝だった錦織圭選手が、

次の週に行われたリオ・オープンで格下相手に敗れる波乱がありましたね。

しかも、ストレート負けですから、一体どうしたんでしょうか。

そもそも、アルゼンチン・オープンも周りは全員格下だったので、

絶対に優勝しなければならなかったと思います。

だって、決勝の相手だったアレクサンドル・ドルゴポロフ選手は、

世界ランキング66位の選手ですからね。

そして、迎えた今週のリオ・オープンは、まさかの初戦敗退。

こちらも格下と言える世界ランキング76位のトマス・ベルッチ選手。

地元の選手でアウェーとは言え、簡単に負けるような相手ではありません。

おそらく、調子はかなり悪かったんじゃないでしょうか。

動きが鈍く感じましたし、打球も伸びないというか、

あまり勢いがなかったように見えました。

それにしても、錦織圭はなかなか思うように勝てませんね。

いつもあと一歩のところで負けてしまうことが多いのが気になります。

以前よりは、かなりレベルアップしているのは明らかですが、

なかなか上位の選手に続けて勝つことができません。

また、上位の選手に負けるのならばまだわかりますが、

今週のリオ・オープンのように格下にコロッと負けることも

ちょくちょくありますからね。

なぜ、今ひとつ勝てないのか、ちょっと考えてみました。

軽いフットワークやスタミナが豊富な錦織圭選手は、

グラウンドストロークを主体に試合を進めるプレイスタイルです。

本来なら、球足が遅く、ラリーが長くなりやすい

クレーコートには向いているはずなんです。

ところが、錦織圭選手は、ハードコートの方が成績が良いのです。

そもそもジュニアの頃は、クレーコートが得意だったんです。

ただ成長していく中で少しずつプレイスタイルが変化していき、

今のグラウンドストロークを駆使したプレイスタイルになりました。

でもね、これでは、錦織圭選手の四大大会制覇は遠いかと思います。

なぜかと言うと、ハードコートは球足が速くなるため、

速くて強烈なサーブを武器とする選手に有利に働くからです。

上位には、身長が高くて強烈なサーブを得意とする選手がたくさんいます。

錦織圭選手は、身長がそれほど高くなく、平均程度のサーブしか打てません。

なので、勝つためには、彼の武器であるフットワークや

スタミナ面の強化をさらに磨き上げることしかないと思います。

毎年、2月頃に出場する大会は、ハードコート中心でしたが、

今年は、クレーコートの大会を選択しました。

おそらく、クレーコートで行われる全仏オープンに

狙いを定めているんではないでしょうか。

私の予想では、フットワークやスタミナが物を言うクレーコートの

全仏オープンこそ、四大大会の中で最も優勝に近い大会だと思います。

ハードコートに比べて、下が滑りやすくて踏ん張りが利きませんが、

球足が遅くなるので、速いサーブにも対応できる可能性が高いはず。

クレーコートでは、2大会続けて敗れはしましたが、

5月22日~6月11日に行われる全仏オープンでは、

錦織圭選手が、どんなプレイを見せてくれるか今から楽しみです。

乳がん検診を受けるなら年に2回がおすすめ

女性専用のの人間ドックを始めて受診しました。

レディースドックといって一般的な人間ドックに加えて乳がん検診や子宮がん検診が

セットになっているもので、検査費用も5万近くするので驚きました。

なぜ高額なレディースドックを受診したかというと、田舎の母からの勧めでした。

親戚の知り合いが、乳がんで亡くなったらしいのです。

そこで、お金を出してくれるので、すぐにでも受けろと言われました。

そして、どうせ受けるなら全身を徹底的に調べる方がいいよとなったのです。

さいわいにも今回の検診で異常は見つかりませんでしたが、母が言うには

乳がんや子宮がんは、早期発見が大事なので、年2回は受けなさいと言います。

そんなお金ないよ!

すると乳がんだけなら、5000円もあれば受けられるでしょ!と怒られました。

母もネットで詳しく調べたみたいで、メールでホームページを送ってきました。

乳がんの病院を専門に紹介しているサイト乳がん検診おすすめ病院ナビです。

母親になれば私の気持ちがわかるわよ!と言われて納得しました。

大谷翔平がWBCの出場を辞退で代役はソフトバンクの武田翔太に決定

打者だけでもと思っていたけど、やっぱり無理みたいですね。

日本ハムの大谷翔平選手のWBCの出場辞退が正式に決定したそうです。

投手での出場は無理でも、打者としての出場の可能性は

わずかに残っていただけに、本当に残念でなりません。

右足首痛と言われているけど、相当状態が悪いんでしょうね。

確か昨年の11月に行われた侍ジャパンの

強化試合で走塁した時に痛めてしまったとか。

調子の良し悪しは別として、普通にプレイするためには、

思いっきり走れるようにならないと厳しいと思います。

今は走れる状態ではないみたいだから、

どれだけ右足首の状態が悪いかがわかりますよね。

大谷翔平選手本人も、本番までに何とかして治そうと

努力していたようだから、かなり悔しいと思います。

WBCの出場辞退は、本人もファンもとても残念だと思うけど、

もっと重要な今シーズンの開幕が待っていますからね。

おそらく、今からリハビリを頑張ったとしても、

今シーズンの開幕には間に合わないんじゃないでしょうか。

日本ハムの球団サイドも、大谷翔平選手がWBCに無理に出場して、

さらに怪我が悪化することの方が心配で止めたんだと思います。

もし、出場するか辞退するかの判断を本人に任せていたら、

彼のことだから無理してでも出場していたでしょうからね。

球団の判断は、これからの大谷翔平選手のことを考えたら、

正しかったと言えるんじゃないでしょうか。

やっぱり二刀流による体への負担は大きいんだろうか。

ずば抜けた身体能力と強いフィジカルを持った

大谷翔平選手だからやってこれたんであって、

並の選手だったらもっと早く壊れているでしょうね。

来年メジャーに移籍するんじゃなかという噂もあるし、

今は右足首痛の怪我を治すことに専念すべきだと思います。

さて、大谷翔平選手がWBCの出場辞退となると、

代役の選手を早急に選ぶ必要があるわけですが、

早速、代役となる選手の発表がありました。

その代役となる選手は、ソフトバンクの武田翔太選手です。

大谷翔平選手が抜けることで投手の人数が12人に減りますが、

WBCのルールでは、投手は13人以上の登録が必要なので、

投手の武田翔太選手が選ばれたみたいですね。

武田翔太選手は、小久保ジャパンで国際試合の経験があるし、

昨年のメキシコとの強化試合でも好投しています。

WBCの公式球を使っての練習も自主トレで行っていたようだから、

武田翔太選手なら問題ないんじゃないでしょうか。

稀勢の里が伝達式での口上で緊張のあまり噛むハプニング!

横綱昇進が決まった稀勢の里が、田子ノ浦親方とおかみさんと一緒に

都内の帝国ホテルで行われる横綱昇進の伝達式に臨みました。

それにしても、稀勢の里は凄く緊張していましたね。

伝達式の使者である春日野理事と高田川審判委員の2人が来るまで、

間違わないように何度も口上の練習をしていたようです。

元々、緊張しやすいタイプだけに何かやらかさないか心配でしたが、

やっぱり心配した通りにやっちゃいましたね。

実際に、稀勢の里が伝達式で言った口上がこちらで、

「謹んでお受けいたします。横綱の名に恥じぬよう精進いたします。」

といった至ってシンプルなものでした。

近年の伝達式では、四字熟語を入れるケースが多かったのですが、

稀勢の里の伝達式での口上には、四字熟語を入れなかったようです。

人によっては、なんだかつまらないと思うかもしれないけど、

変に凝った四字熟語を使う必要なんてないんです。

昔は、四字熟語なんて使っていませんでしたからね。

相撲でしっかり結果を残すことの方が大事ですし、

逆にわかりやすくて良かったんじゃないでしょうか。

ただ、心配していた通り噛んじゃいましたね。

こんなシンプルな口上で噛むとは思いませんでした。

私が心配していた以上に、緊張していたんだと思います。

噛むような難しいことは何も言っていないのにね。

しかも、誰もが間違わないような横綱という言葉で噛むとは・・・

まあ、稀勢の里らしいと言えばらしいんですけどね。

伝達式が終わってもしばらくは顔が緊張した面持ちでしたが、

その後の記念撮影で手に鯛を持った時には、

ようやく緊張がほぐれて笑顔になっていました。

伝達式でこれだけ緊張するんだから来場所がとても心配です。

横綱昇進後の最初の取り組みで花道から登場する時、

緊張のあまり手と足が一緒になって出てこないか心配でなりません。

稀勢の里のことだからなんだかやりかねないよね。

以前のように、緊張で力が入りすぎて体が動かなくなり、

格下にコロッと負けてしまうなんてことがないように頼みますよ。

箱根駅伝3連覇と大学駅伝3冠を達成!常勝青学時代が到来か!

他を圧倒する強さで、常勝軍団にまた一つ大きな勲章が加わりました。

2017年の1月2日、3日の2日間に渡って行われた第93回箱根駅伝。

前評判では、青山学院大学が優勝候補筆頭でしたが、

予想以上の圧倒的強さで、往路・復路共に青学が制覇して総合優勝。

これで、15年、16年に続いて箱根駅伝3連覇。

この記録だけど、確か過去に何校か達成していたのを思い出して調べると、

大会史上わずか5校しかおらず、今回の青学が6校目。

さらに、箱根に加えて出雲駅伝と全日本大学駅伝も制覇しており、

史上4校目となる大学駅伝3冠も達成しちゃいました。

これらの記録は、どちらか片方だけでも達成が難しい記録なんだけど、

青学は両方一緒に達成し、これは、史上初の快挙。

ただ本当に強いのか真価が問われるのは、来年の箱根駅伝だと思います。

今年走ったエース一色は4年生だから、春に卒業して来年はいません。

一色は東京オリンピックでマラソン代表を狙えるだけの逸材で、

彼一人いなくなるだけでも戦力ダウンは避けられません。

しかも、今回3区で区間賞の秋山、9区池田、10区安藤といった、

箱根駅伝3連覇と大学駅伝3冠の立役者となった4年生も抜けます。

なので、これらの4年生が抜けた穴を埋めるべく、

来年は今いる1~3年生のレベルアップが求められるのです。

おそらく、新入生も何人か入部してくるとは思いますが、

余程の怪物でなければ、いきなり1年生に期待するのは酷でしょう。

では、来年の青学の箱根制覇は難しいのか?

いや、私は来年も青学が箱根の優勝候補筆頭だと考えています。

と言うのも、確かに一色をはじめとする4年生は卒業しますが、

1~3年生にも学生トップレベルの力を持った選手がいるからです。

3年生で今回の復路8区を任され、区間記録に迫る記録で

区間賞を取った下田は、マラソン10代日本最高記録保持者。

そして、9区を走った3年生の池田も関東インカレ

ハーフマラソンで2回優勝している実力者。

彼らに加えて、同じ3年生の中村、1年生の鈴木など、

4年生が抜けた穴を十分に補えるだけの選手が他にもいます。

多少の戦力ダウンはあるかもしれませんが、

今年の2位との7分以上もの大差での圧勝を考えれば、

まだまだ青学が頭一つ抜けた存在と言えると思います。

もし、今年1年間強さを維持することができれば、

箱根駅伝4連覇、2年連続大学駅伝3冠達成

といった大偉業も不可能ではありません。

このまま他校の大きなレベルアップがない限り、

常勝青学時代が到来するかもしれませんね。

大学には何のために行くのか?

現代の大学の在り方はこれでいいのか?
もう一度大学を出る意味を考え直したと、日本や韓国の学歴社会を見ていて感じたと林先生が初耳学で話していました。

林先生の話によると、もともと大学と言うかたちが出来たのはヨーロッパの12世紀が起源とされているそうです。
その当時の大学は3つの学部が中心だったそうです。
(1)神学・・・キリスト教聖職者の養成 
(2)医学・・・医師の養成
(3)法学・・・法律の養成

神学は精神が弱って困っている人、医学は体が悪くて苦しんでいる人、法学は正義を侵されて困っている人、この人たちを救うには普通の人とは違った能力が必要だと感じた神が特別な能力を与えた一部の人に呼びかけ、そういう人たちが集まって勉強する場所が大学だったそうです。

つまり、神が呼びかけた勉強をしたい人が集まり勉強する場所が大学だったんですね。

ところが、日本も韓国も現在は、大学を出ていれば良いところに就職がしやすくなるなどの、就職するための目的で大学に行く人がほとんど、本来の大学の目的をもう一度再確認した方が良いのではないかと考えさせられると語っていました。

林先生の言っていることは本当に重要なことで、これは、大学を受験する学生や見守っている親御さんだけが再確認すればよいことではなく、高学歴の社員を採用しようとしている受け入れる側の企業こそが一番再確認してもらいたい。と私は感じる。

そして、もう一つ学ぶと言う事で番組で取り上げたニュースが、修行3か月の新人だらけの寿司店がミシュランガイド2017年に2年連続で掲載されたそうです。

そのお寿司屋さんは大阪・福島区にある「鮨 千陽」。

この店は、養成学校に3か月通っただけの新人が職人で、その店の大将も同じ養成学校の出身、しかも、別の大将に変わって2年連続でミシュランに掲載されました。

この店の出現により、すし屋の伝統である「飯炊き3年、握り8年」と修行を重んじる寿司業界に新しい流れが誕生し話題になりました。

この話題に対して、林先生もかつての中世ヨーロッパの学校も将来的に成りたい勉強をしたい人が集まるところで、親方、職人、徒弟がいる親方徒弟制だったそうです。

丁稚奉公をしながら仕事をみんなが覚えて行くので、先生が特別教えなくても、みんなが行う事を一緒にやっているうちに自然に仕事を覚えて行き、後継者が生まれていたそうです。

ところが、近代になるとみんなが学校に行くようになるので、様々な環境で育った生徒が学びに来るようになり、教える技術が重要になってきたそうです。

しかし、先ほど紹介した寿司屋のように、現代社会もついに職人が学校に行って学ぶ学校化の時代がやっときたのかと林先生は感じたそうです。

これからも、もっと増えそうなきがしますよね。

ASKAさん不起訴!提出した尿はお茶だった?

陽性反応が出て、アウトだったんじゃなかったんでしょうか。

先月、覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されていたASKAさんが、

嫌疑不十分で不起訴処分になりましたね。

一体これはどういうことなんでしょうか。

だって、警察に提出した尿から覚せい剤成分が検出されたんですよね。

警察側は、陽性反応が出たのは間違いではないんだけど、

ASKAさん本人の尿とは断定できなかったと言っています。

これには裏がありそうで何か臭いますね。

実は、AKSAさんが提出した液体は、尿ではなくお茶だったんです。

はぁ?なんでお茶を入れることができるの?

尿検査で採尿する際には、捜査員がきちんと見ているはずですよね。

しかも、立会人ともう一人写真を撮影する人の3人がいる中で行われるから、

尿の代わりにコップにお茶を入れることは不可能だと思います。

ところが、確認する捜査員側の態勢に不備があったと言うんです。

採尿には、捜査員1人・写真撮影者・立会人の3人が必要なんですが、

今回は、捜査員1人と立会人の奥さんの2人だけだったんです。

証拠となる写真も撮影していませんよね。

さらに、トイレのスペースがそれほど大きくなかったようで、

捜査員が前に回って確認することを怠ったようです。

後ろからしか見ていないので、上手く隠せばお茶を入れることも可能。

これは、どう考えても警察の不手際だと言わざるを得ません。

警察は再鑑定を行おうとしたみたいだけど、

採取した尿はわずかな量だったので1回の鑑定で全て使用したとか。

採取に使用したコップもすでに破棄していたので再鑑定は不可能。

結果、ASKAさんの尿と断定できずに不起訴処分になったようですね。

今回の警察の不手際は本当にいただけません。

今後、同じようなケースで真似する人が出てこないとも限りません。

警察は、一から尿検査のやり方を見直すべきでしょう。

今後の尿検査で採尿する際には、必ず正面から尿が出ているか確認する

などの何らかの改善が必要なんじゃないでしょうか。

プレミアム学童保育『BunBu(ブンブ)学院』

親が不在な放課後の時間、子供を預かる学童保育。

その学童保育で超エリートの親を持つ子供だけが通っているプレミアム学童保育があるそうです。

その学童保育は、一流の講師を集めており未来のエリートを育てるBunBu(ブンブ)学院。

東京都の中目黒にあり、10人申し込んでもBunBu学院に入れるのは、たったの1人しか入ることができないんだそうで、既に予約でいっぱいなんだそうです。

その人気の秘密は、教えている先生が子供たちがテンションが上がる一流の講師をむかえて、勉強からスポーツまでの10種類の科目を英才教育を施します。

例えば、こんな授業が行われています。

フラッシュ暗算・・・フラッシュ暗算とは、画面から次々に出てくる数字を計算する授業。フラッシュ暗算を開発した宮本裕文先生が直々に指導をしています。

宮本先生いわく、フラッシュ暗算は大人になってから覚えるのは難しが、頭が柔らかい子供の時にマスターすると一生役立つそうです。

体操教室は・・・体操教室はアテネオリンピック男子体操団体の金メダリストの中野大輔さんが指導をしており、体操を通して規律や挨拶を厳しく指導されています。

ピアノ教室・・・イタリアのコンクールでグランプリに輝いた世界的ピアニスト碓井俊樹先生がわざわざウィーンから飛行機で来て教えにやってくるそうです。

その他に、プログラミング教室、ラジオDJ教室、ベンチャー企業見学まで幅広く、子供のうちにあらゆる社会のシステムを学習します。